スタッフ紹介 | だいき動物病院 | 葛飾区 柴又 高砂

東京都葛飾区柴又1-24-4

スタッフ紹介

院長写真

院長 高橋 大記

地域に根付いた幅広い診療をコンセプトとして、ここまで獣医師としてやってきました。
内科疾患をはじめとするホームドクターの役割を担うことは当然のこと、外科、循環器疾患、眼科疾患、皮膚疾患を重点に診療をしております。
当動物病院に来られている患者様に対しては、緊急時をはじめ、いつでも診療を行いたいという気持ちを一番強く念頭に置いております。
人と同様に犬猫をはじめとする動物達にもたくさんの病気があり、たくさんの治療方法があります。
一つの病気に対して治療方法は、必ずしも一つではありません。
動物診療にあたる場合、治療の対象となるのはむろん動物であり、疾患・状態・性格などによって治療内容や治療方法が変わってきます。そして治療方針の決め手となる重要なポイントの一つに、飼い主さんの大切な家族への思いがあります。
それは、言葉の話せない動物たちにとって、一番の通訳はいつも一緒にいる飼い主さんであるからです。飼い主さんがちょっとした表情やしぐさを見逃さないでいてくれることが、とても診療に役立ちます。また大切な家族の為に、「こうしてあげたい」「あんなことをしてあげたい」と思う気持ちはすごく大事なことで、診療プランが明確になると考えているからです。
獣医師と飼い主さんの責任のもと大事な家族を考えながら、治療方針を決定していきたいと考えています。
獣医師が考える最良最善の選択肢は、その都度提示させていただきますが、飼い主さんの理解が得られない、望まない治療方針は無理にすすめず、インフォームドコンセントを充分に行い、理解が得られる治療を実施していきたいと考えております。納得いかない疑問点や不明点、選択したい治療法など、気になることはなんでもかまいませんので、常に獣医師や看護士、スタッフに遠慮なく提示して欲しいと思っております。
ケースに応じ、大学病院の紹介や専門医の紹介等も行います。その時のメリット、デメリットもお話いたします。
手遅れの疾患の時、安楽死という選択肢もあるかも知れませんが、当医院では、可能な限り他の選択肢をとりたいと思っています。人と動物の関わり合いの背景にあるものを考慮しながら、その家族にとって一番良い選択肢を話し合いましょう。

他 獣医師1名・動物看護師3名

葛飾区柴又のだいき動物病院 画像194